« ネット企業も支援 安否情報はGoogleが充実- 東北関東大震災 | トップページ | 言葉に出来ない光景;津波 »

2011.04.05

気になる原発事故の話:現時点での個人的まとめ

東日本大震災のあと、ニュースは地震の話と原発事故の話で埋め尽くされました。通常の地震だったら、原発のことは話題にならないんですが、今回は違いました。たまたま福島第一原子力発電所の3号機が爆発する瞬間(当直で職場に泊まりこみだったのですが)映像をみて心臓の脈拍が上がった。その後次々と出てくる情報も決して心を落ち着かせる種類のものは少なくて、4月5日現在東京電力は放射性物質入の水を海に放水する事態にまでなっている。
自分は原子炉の専門家でもないけど、残念ながら初動も遅かったように見える。また水を大量に注ぎ込んだ結果おこるであろう、放射性物質入の水が溢れてしまうことが予見できなかったこともとても残念に思えた。数日でも早く状態が予測できたら、そしてこういうモノが必要だって言ってくれたら他の民間企業でもメガフロートとか貸与してくれたんじゃないかなと思う。
開示されている情報が本当なら、使用済み核燃料プールは今だ健在だし、原子炉も一部破損しているが、それなりの機能を保っているように思える。その一方で、すでに使用済み核燃料プールは崩壊しているという話や原子炉の底の一部は壊れてすでに燃料の一部は底に落ちてしまっているという説もある。NHKで水をかけたら水蒸気が出るからプールに水が入っているという解説をしていた時もあったけど、これは燃料が底に落ちてしまっていても水蒸気が出るんじゃないかと思う。個人的には情報源としてしっかりしていると思えるのは、失敗学会のの吉岡メモでないかと思っている。

→失敗学会の吉岡メモ:福島で何が起きている?何故起きたのか? これからどうなる?

次点としては、大前研一氏の解説も情報の解釈としてはいいのかもしれない。発電所にテントを張るというのが今後台風も来るわけで現実的かどうかは別ですけど。

炉心溶融してしまった福島原発の現状と今後

放射性物質の降下が今後気になると思う。おそらくは杞憂に終わる地域が多いとは思うけれど、集約してまとめているサイトもあるので気になれば、チェックしたらいいと思う。

全国の放射能濃度一覧

現時点で放射性物質汚染が怖いから風呂にも入らず外出もしないというのはナンセンスだと思う。雨が降った時が要注意であろうとは思う。西日本のばあいは、その時にデータの変動が起きるかどうかがポイントになるのだろう。

« ネット企業も支援 安否情報はGoogleが充実- 東北関東大震災 | トップページ | 言葉に出来ない光景;津波 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12995/51309511

この記事へのトラックバック一覧です: 気になる原発事故の話:現時点での個人的まとめ:

« ネット企業も支援 安否情報はGoogleが充実- 東北関東大震災 | トップページ | 言葉に出来ない光景;津波 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31