« MacBook Proの中古、ここにあり。 | トップページ | Amazon MP3 を使ってみた »

2010.11.15

Sugarsync+Dropboxを使って7GBものデータを無料で同期

特定のフォルダーでファイル操作するとインターネットを介して、他のパソコンの指定フォルダと同期される(コピーされる)サービスは、複数あります。
そんななかで、簡単・お手軽なのはdropboxだとおもいます。無料でも2GB使えて、同期されているファイルが視覚的によくわかる秀逸なUIです。
対抗馬であるSugarsyncが今回のアップデートで、5GBまでの無料スペースを提供することと複数のPCと手軽に同期できるようになったと聞いて、インストールしてみることにしました。
二つのサービスで7GBの無料同期サービス、魅力的でないですか!

マジックブリーフケースという同期フォルダがつくられる
従来のSugarsyncは、二つのPCやMacの特定のフォルダーをつなげて同期する仕組みだったらしいのですが、Dropboxと同じく特定のフォルダにファイルを投入すれば、すべてのPCからアクセスできるようになる「マジックブリーフケース」が作られました。

Screenshot

キロバイトクラスのファイルであれば、フォルダに放り込んだ瞬間に反映されます。数メガバイトならば、数秒というところでしょうか。ちょっといじめですが、いきなり4GBのデータだとどうなるか今試していますが、さすがに数時間かかりそうです。
UIはDropboxに劣るSugarsync
そのマジックブリーフケースですが、専用のアイコンが用意されている訳でもなく、フォルダがたくさんある環境では埋もれてしまいそうです。また、Dropboxのように同期済みのフォルダのチェックがつくということもないので、マネージャーを立ち上げないと同期状態がよくわかりません。

(追記;2010年11月25日時点で改善されています)

それでも大容量は魅力
5GBの容量は下手なメモリーカードを超えてハードディスクの持ち歩きから解放してくれます。データ漏出の確率がどうかといわれたらわかりませんが、個人的にはUSBメモリをなくす方が簡単な気がします。ということで、しばらくはDropbox+Sugarsyncのダブルインボックス作戦で続けてみたいと思います。

おまけ:DropboxやSugarsyncは、紹介するとお互いの容量が増えるのでもし良かったら以下のリンクから登録してみてください・・・

« MacBook Proの中古、ここにあり。 | トップページ | Amazon MP3 を使ってみた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12995/50038635

この記事へのトラックバック一覧です: Sugarsync+Dropboxを使って7GBものデータを無料で同期:

« MacBook Proの中古、ここにあり。 | トップページ | Amazon MP3 を使ってみた »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31