« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010.11.25

SugarSyncの機能強化でわかりやすく

複数のPC/Mac/モバイル機器間でUSBメモリーを持ち歩かなくてもネット経由でデータが同期できるサービスのSugarSync/dropboxを先日記事にしました(Sugarsync+Dropboxを使って7GBものデータを無料で同期)。
SugarSyncのUIは見ただけで同期中かわからないので、dropboxに劣ると書きました。が、直後のアップデートでフォルダやファイルに同期中/同期終了がわかる印がつきました。

Screenshot

これで、違和感なく使うことができますね。

2010.11.24

ただの「ふぁぼったー」にしないフィルター的使い方

Twitterをやっている人ならご存知、「ふぁぼったー」。Twitterの機能で、つぶやきに「お気に入り」の星をつけることができるのですが、この星の数を集計してくれるのがふぁぼったーの主な機能です。一番基本の楽しみ方は、自分のつぶやきにたくさん星(ふぁぼ)がつくことで、つぶやきのはげみになる・・ことでしょうか。つぎにたくさん星がついて(ふぁぼられ)いるつぶやきをみることですが、最近はユーザーが増えすぎたせいかなかなか興味深いものを拾えません。

で、現在使用しているワンステップすすんだふぁぼったー使用法の紹介を。

この「ふぁぼったー」の優れているところは、ユーザーごとのふぁぼり、ふぁぼられについてのRSSを出力してくれていることで、これを利用しない手はありません。

注目している人のつぶやきでたくさんふぁぼられているものをRSSリーダーで読む。

もちろんふぁぼられているからといって、必ずしも自分とふぁぼっている人と価値観が一致するともいえないのですが、少なくとも反響が大きいものをすくい上げるという目的ではよいかと思います。

たとえば私の場合、@rashita2さんのつぶやきで二つ以上お気に入りにされているものをGoogle readerやBylineで読んでいます。2fav、3favなどと星が2つ以上、3つ以上と閾値を設定できますので、1ふぁぼだとあまりに雑多な内容になったり量が多すぎる場合は、設定しておきます。

注目している人が星をつけた発言をRSSリーダーで追う

逆にどういう発言をふぁぼっていくのかを追いかけていくのも一つの使い方です。これは星をつけてくれないとどうしようもないのですが、自分より知識豊富な人のふぁぼりかたを見たいときなどどうでしょうか?

これはFirefoxならばアドレスバーのフィードマークをクリックすれば設定できるのですが、他のブラウザーだとよくわかりませんので、以下のURLを直に設定したりしてます。

http://favotter.net/user/TWITTERID&env=rss&mode=fav&threshold=2
(TWITTERIDの部分は、ユーザーIDを入れる)

忙しくてTwitterを最近追いきれないので、こんな工夫をしてみました。

2010.11.22

複数台のPCが手元にあるときのDropbox高速同期

複数のパソコンの指定フォルダをインターネットを介してほとんど意識することなく同期するソフトで、同様のサービスの中では最強と思っているDropbox。

Dropbox_screenshot



たまたま、有線のLAN回線につなげるPCが一台だけで、もう一台のPCはPHSのモバイルルータにしか接続できないという状況があったのですが、そのときに結構巨大なファイルがDropboxでPHS接続側のPCに高速転送されるということがあったので、ちょっと調べてみました。

するとDropboxはファイル操作が行われた場合、まず「ネット上にファイルをアップロードしたあと、イントラネット内に同期するべきPCがある場合は、PC間でファイルを転送し同期する。」という機能があることがわかりました。

ということで、Dropboxのファイルを大きく動かした場合、自宅などでルータを使ったLAN環境を作っている場合は、同時にパソコンの電源を入れておくのが吉ということでした。個人的には、写真を移動させるのにDropboxを使っていたので意外と損していた気がします。

>> Dropbox (招待リンク)

2010.11.19

ノート音痴な人がほぼ日手帳Weeksのモニター当選

日々の生活の記録を5年日記にながながとつけていたこともありましたが、それはもう10〜7年ぐらい前の話、最近はちっともアナログノートは使っていませんでした。というかデジタルでもきちんと記録していたかどうか・・・。

しかしTwitterでさまざまな刺激を受け、せっかくモニターできるんだからと、@rashita2さんの告知に、「ノ」と手を挙げたのでありました。

そして、先日11月14日に受領しました。

F1000255

この手帳の内容については、@rashita2さんの「「ほぼ日手帳Weeks」モニターサンプル用が到着! ファーストインプレッション」に詳しいです。

手帳が360度開いて書けるなんて!ていうのが、当日一番驚いた点でもあります。しかしながら、愛用の文房具もない私が使いこなせるでしょうか・・。

可能であれば、ブログ上でも感想文でもかけたらなあと思っています。

2010.11.17

Amazon MP3 を使ってみた

突然始まったamazonのMP3ダウンロードサービス。DRMフリーということだから、iPhoneをはじめ普通のmp3プレイヤーで再生できるということ。ぱっとみたかんじ基本的には外国の曲がほとんど。国内の音楽事情を考えるとやむをえないか。

amazon mp3でぐぐり、トップ画面にたどり着くと、期間限定の無料ダウンロードキャンペーンをやっているらしい。

ボーカロイド曲が無料らしくそれを購入して練習してみる。購入法は一般の書籍などと同様、カートにいれて精算するか、1-clickで購入するかだ。

ふつうに精算すると拡張子がamzのファイルがダウンロードされる。ここで、Amazon MP3ダウンローダーがセットアップされていたら、iTunesへ自動的に登録なんてこともしてくれる。登録された曲はアルバムカバー付きなので、特にiTunesに比べて遜色はなかった。

よく見るとオフコース のアルバムとか、一昔前のアルバムも登録されていて、この先曲数が増えると楽しみだ。

2010.11.15

Sugarsync+Dropboxを使って7GBものデータを無料で同期

特定のフォルダーでファイル操作するとインターネットを介して、他のパソコンの指定フォルダと同期される(コピーされる)サービスは、複数あります。
そんななかで、簡単・お手軽なのはdropboxだとおもいます。無料でも2GB使えて、同期されているファイルが視覚的によくわかる秀逸なUIです。
対抗馬であるSugarsyncが今回のアップデートで、5GBまでの無料スペースを提供することと複数のPCと手軽に同期できるようになったと聞いて、インストールしてみることにしました。
二つのサービスで7GBの無料同期サービス、魅力的でないですか!

マジックブリーフケースという同期フォルダがつくられる
従来のSugarsyncは、二つのPCやMacの特定のフォルダーをつなげて同期する仕組みだったらしいのですが、Dropboxと同じく特定のフォルダにファイルを投入すれば、すべてのPCからアクセスできるようになる「マジックブリーフケース」が作られました。

Screenshot

キロバイトクラスのファイルであれば、フォルダに放り込んだ瞬間に反映されます。数メガバイトならば、数秒というところでしょうか。ちょっといじめですが、いきなり4GBのデータだとどうなるか今試していますが、さすがに数時間かかりそうです。
UIはDropboxに劣るSugarsync
そのマジックブリーフケースですが、専用のアイコンが用意されている訳でもなく、フォルダがたくさんある環境では埋もれてしまいそうです。また、Dropboxのように同期済みのフォルダのチェックがつくということもないので、マネージャーを立ち上げないと同期状態がよくわかりません。

(追記;2010年11月25日時点で改善されています)

それでも大容量は魅力
5GBの容量は下手なメモリーカードを超えてハードディスクの持ち歩きから解放してくれます。データ漏出の確率がどうかといわれたらわかりませんが、個人的にはUSBメモリをなくす方が簡単な気がします。ということで、しばらくはDropbox+Sugarsyncのダブルインボックス作戦で続けてみたいと思います。

おまけ:DropboxやSugarsyncは、紹介するとお互いの容量が増えるのでもし良かったら以下のリンクから登録してみてください・・・

2010.11.01

MacBook Proの中古、ここにあり。

Twitterで「ほしい」とうっかりつぶやいたら、あれやこれやいっている間に3年落ちらしい17インチのMacBook Pro(MA897J/A)を安く譲っていただきました。3年落ちといっても自分の所有するPCの中では最強のCPUを内蔵しています。画面も最大級です。今まで使っていたネットブックとくらべて面積が二倍でかさばります。重いです。さすがアルミ製です。

従来からよく使っているアプリはさくさく動きます。iTunes , Evernote, Firefoxなどなど。しかも、Windows XPとほとんど操作感に差がありません。強いていうならIMEの導入キー操作が違うので、Windowsを使うときに逆にミスタイプが多くなりました。
それから画面が広いと、視認性・作業性が格段に上がりますね。ネットブックのブラウザだと最大化表示をしばしばしていたのですが全然必要ないし、Evernoteの画面も見やすい。やっぱり、PCの投資はけちってはだめですね・・・。痛感。
MacOS10は初めての体験だらけなので、使いこなせているかというと微妙なところではあるのですが、愛機として使っていくことにします。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31