« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009.12.14

良眠を得られるかもしれない"Sleep Cycle" for iPhone

最近目覚まし時計として使っているのが、「sleep cycle alarm clock Sleep Cycle alarm clock」という iPhone/iPod touch 用のアプリケーションです。iPhoneの加速度センサーを使って今までにない目覚まし機能を実現しています。

まず、本体を起動します。そして、枕のそばにソフトを起動させた状態で置いておく事になります。スリープ状態には入らなくなるので、かならず電源をつないでおきましょう。

Ipod_touch_058

ソフトの概要としては、深い眠りの時には寝返りをうったり、体が動いたりすることが少ないので、それを測定して、浅い眠りの時に目覚ましが鳴ってくれるというのが第一の売りです。実際使ってみると、早いときは30分ぐらい早く起こされてしまうので、そのあたりは要注意です。もう明日が休みだ!徹底的に寝る!というときにはおすすめできません。

あとこれってば、同室の人間がいる場合は難しいんでないの?とは思いますね。早く目覚ましがなるということと、振動が伝わるんでは?という疑問です。

まあその辺がクリアできるなら、一度試してみてもいいかもしれません。実際、早い時間でもすっきり目が覚めるときがあります。今現在は、115円の特価になっていますので、試したい人はどうぞ。

sleep cycle alarm clockSleep Cycle alarm clock

2009.12.04

Google日本語入力 恐るべし。MS-IMEよりは良さそうだ

Google日本語入力というIMEが登場しました。Windowsならば、MS-IMEというものが標準で入っていますね。また、ジャストシステムからは「ATOK」シリーズが有名で、ほかにもいろいろあると思いますが、それのGoogle版です。

ATOKが一番好きなのでほとんどのPCにはATOKが入っているのですが、あんまりお金をかけたくないという理由でATOKが入っていないネットブックにインストールすることにしました。

Googleinputmethod Google日本語入力をダウンロードというボタンをクリックすると、あとは、規約などの承諾画面を経てすぐにインストーラーがダウンロード完了です。

インストーラーを実行し、一旦ログアウトすると、使用可能になります。

入力をはじめると、かなりの精度でよい予測変換の候補が出てきます。実際、この文章はGoogle日本語入力でタイプしているのですが、ほとんどストレスなく入力できました。MS-IMEに比べると若干引っかかる感じがするのが唯一の欠点でしょうか。

おそらくはGoogle サジェストという検索候補を示唆するシステムから収集した日本語変換の読みと変換後の文字列を解析して構築されているのではないかと指摘する記事(下記リンク先)がありました。他のIMEで開発された辞書などの上澄みをすくいとっているんじゃないか、との懸念もありますが、これに関してはどうしようもないでしょうね。辞書構築についての情報量について、おそらくGoogleさんに勝てるところはないでしょう。あとはロジックがどこまで優れているものなのかの勝負でしょうね。ATOKにとっては、さらに大きな敵出現というところでしょうか。

参照: ぶっこ抜き? [Google日本語入力の功罪]

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31