« 止まっているのに動いて見える!「錯視」! | トップページ | 暫定税率を廃止して法定外税で補う新しい考え方 »

2008.04.13

SQLで期間内のデーターを抽出してみる

仕事がピークを越えましたが、来週はプレゼンがあるのでちょっと気疲れしそうな今日この頃です。

さて日付データを含むデーターベースで、1週間以内のデータをとりだすSQL文を考えてみました。

期間内のデータのみ抽出する為のSQL関数」を見ていたのですが、どうもこちらはデーターベースに登録された期間内(start_dateとend_date)に今日が入っているかを見ているものですね。

$sql = 'SELECT id FROM table_name WHERE CURRENT_DATE() >= start_date AND CURRENT_DATE() <= end_date;';

登録日がdateに入っているデーターベースで一週間以内のデータを取り出す事が目的のものを考えました。

$sql = 'SELECT id from table_name where date>=ADDDATE(CURDATE(),Interval -7 DAY)'

Mysql 4.0.27 でテストして動いてくれているので、よしですかね。

« 止まっているのに動いて見える!「錯視」! | トップページ | 暫定税率を廃止して法定外税で補う新しい考え方 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12995/40849089

この記事へのトラックバック一覧です: SQLで期間内のデーターを抽出してみる:

« 止まっているのに動いて見える!「錯視」! | トップページ | 暫定税率を廃止して法定外税で補う新しい考え方 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31