« F1、オーストラリアGP開幕 | トップページ | ラブレター »

2008.03.14

入力デバイスについて考える

ノートパソコン生活が長い私は、長い間マウスを買っていなかったのだけれど、最近ワイヤレスマウスを衝動買いしてみると、結構楽なことがわかった。まあ、過去主流だった有線ボールタイプのマウスは、ボールが汚れたりしたら追従しなくなって、それだったらノートパソコンのスライドパッドでも十分じゃんと思っていた。

ところが最近のレーザータイプのマウスは感度がよくて、理屈の上では回転部分がないのでいくらでも使える。また、ワイヤレスだと引っかかったりすることもないし、本体からかなり離れていてもパソコンを使える。これは便利だ。しかも、目にも優しい。

離れて使えるという意味で言えば、WiiのWiiリモコンもそうで、本当に縛り無く使える。もしかしたら、「Logicool MX Air」というマウスは空中で使えるらしいので、よく似た使用感なのかもしれない。”Logicool「Mx Air」で休日の「MacBook Air」を楽しむ”をみていると、細かい仕事は難しそうだけれどブラウジングぐらいなら余裕そう。

対極が「液晶タブレット」でお金があったら買ってみたいものだ。明るいモニターが手元に来てしまうので、目には優しくないが、細かく絵を描いたり、感覚的にタッチして入力できるのはいつでも魅力的だ。”漫画同人の視点で見る、最大最強の液晶ペンタブレット――「Cintiq 21UX」”では便利そうだが、35万。もちろん、私はイラストは描かないから、こんな高級機はいらないわけだけれど。
余談ですが、ペンタブレット専門のサイトもあるのですね。

« F1、オーストラリアGP開幕 | トップページ | ラブレター »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12995/40501723

この記事へのトラックバック一覧です: 入力デバイスについて考える:

« F1、オーストラリアGP開幕 | トップページ | ラブレター »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31