« 疲れたまったが… | トップページ | F1、オーストラリアGP開幕 »

2008.03.12

Amazonのほしいものリストで大騒ぎ

急にインターネット書店最大手のAmazon(アマゾン)で、大騒ぎになっている。というのも、ほしい物リスト(今まではウィッシュリストだった)という、自分が欲しい物を記録していく機能があるのだけれど、「それを見た人がプレゼントできる」ように、何も設定を変更していなければ「公開」になっているという事である。そして何も設定を変更していなければ、「本名」で登録されているということです。また、「メールアドレスで検索できてしまう」という問題もあります。

この機能自体は以前からあるようですが、「ほしい物リスト」と聞いて「お気に入り」「ブックマーク」と同じように登録してしまっている人は注意が必要です。というか普通はそう思うのでは??
欧米では「wishlist」を公開して、それをみてプレゼントしてもらう習慣があるのでおそらく問題にならなかったわけですが、日本人の感覚とはだいぶずれていますね。

そこに検索機能がついたから、話が始まった。


今月8日、インターネット大手ブックストアのamazon.co.jpは、「ウィッシュリスト」の名称を「欲しいものリスト」と変更した。同時に「ほしい物リストサーチ」というサービスがあわせて登場したのだが、これが元で、個人のヒミツにしていた性癖がネット上で大公開されることとなり、ちょっとした騒ぎが起きている。

(「ヒミツの性癖がネットで大公開!?Amazonの「ウィッシュリスト」で騒ぎ」より引用)


(追記)検索機能自体はいぜんからあるようです?(「アマゾン「自分がほしい物リスト」 全部公開されて大騒動」より引用)

アマゾンジャパン広報はJ-CASTニュースに対し、「ほしい物リスト」の検索機能は「(amazon.co.jpが)始まった頃から、何年も前からあるもの」と説明している


知り合いの名前かメールアドレスで検索をかけて「ウィッシュリスト」を発見すれば、なにを欲しがっているか把握されてしまいます。ここに余り公開できない趣味や普段のイメージとかけ離れた物が入っていれば大変です。

私は「Amazonウィッシュリスト個人情報だだ漏れ騒ぎ」のエントリで気がついたのですが、他のブログ(たとえば元検弁護士ブログ・)でも今日あたりから急速に話題になってきました。アマゾンがどう対応するかわかりませんが、いますごく検索機能が重くなっており、たぶんアクセスが集中しているものと考えられます。

検索キーワードにワイルドカードが使えて「*@docomo*」なんてのも通るみたい。3月8日にシステム変更があって急にクローズアップされてきたみたいです。なんにしても、アマゾン使って「ほしいものリスト」「ウィッシュリスト」使っていた人は、設定を急いで確認しましょう。
>>Amazonウィッシュリスト、設定変更ガイド
>>密かな趣味が全公開--Amazonのウィッシュリスト、改め「ほしい物リスト」に注意?

また、余談ですがクリックすると個人情報がながれるスクリプトも存在するのでしばらく、変なリンクはクリックしないようにしましょう。

« 疲れたまったが… | トップページ | F1、オーストラリアGP開幕 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12995/40474543

この記事へのトラックバック一覧です: Amazonのほしいものリストで大騒ぎ:

» amazon.co.jp ほしい物リストの関連話 [旬の話題の部屋]
★激安情報を探すならココから!★【旬の話題の部屋】にようこそ!旬の話題のチェックは欠かせませんね!まずは新着情報をチェック ⇒ ★新着トピックス一覧★ Amazonの「ほしい物リスト」全開モードでしたCNET Japan大人の事情と思うけれど「密かな趣味が全公開--Amazonの..... [続きを読む]

« 疲れたまったが… | トップページ | F1、オーストラリアGP開幕 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31