« ICOCAとPitapa | トップページ | 「R・田中一郎」ではなく「特急田中3号」 »

高校野球と特待生制度と日本高野連

いま世間を騒がしている「高校野球の特待生制度」ですが、日本高野連は知らなかったと言っていいのでしょうか。また、そういうことで、今の指導者を退任させたり、特待生になっていた高校生の対外試合禁止などしても、いいのでしょうか。

高野連は確実にそういうことが行われていたのは知っていたはずです。頂点を目指す高校生たちにとっては、指導者がいなくなったり、練習試合ができなくなることはとても大きなことでしょう。また、特待生制度は費用のかかるスポーツで、才能のある選手を拾い上げる意味では大きいでしょう。

横浜の工藤投手も訴えていますが、回避できない人達を罰するだけではなにも禍根を残すだけでいいことは何もないと思います。
  generated by feedpath Rabbit

|

« ICOCAとPitapa | トップページ | 「R・田中一郎」ではなく「特急田中3号」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ホントにあいつら全員もう要らない。<高野連

なんで勉強は奨学制度あるのにスポーツはダメなん?
そう考えると逆に作れよって感じ…。

投稿: まぶ | 2007.05.05 01:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高校野球と特待生制度と日本高野連:

« ICOCAとPitapa | トップページ | 「R・田中一郎」ではなく「特急田中3号」 »