« 日本の医療制度は崩壊する?! | トップページ | 柳沢厚労相の元の発言とマスコミ »

2007.02.08

医療費が高騰しているか

 医療費が高騰しているというコメントがありましたが、診療報酬は全国共通で決まっているし、額も年3%ずつぐらい切り下げられていて、つまりは単価が下がっているということです。企業努力で下げれるような性質のものではあまりないということですね。あることをしてもらえる収入が決まっているということが結果どうなるかというと、通常は材料費を削るとか人件費を削るという感じになるかとは思います。ただ、元手や手間のかからない処置検査をおこなうかとなる場合があり、これは眼科のコンタクトレンズ診察などが代表的ではないかと思います。また診療報酬が適正に設定されていないと、赤字になるので必要であってもその治療をしなくなってしまいます。薬の値段も治療に使う物品も保険収載されているものは、利益が殆どでないようになっています。
 介護の方では、介護に対する報酬が一定なので、給料を上げることができず若いスタッフが定着しなくて困った状態になっているようです。最近、雇用がよくなっているので余計にそういった状態が現れています。
 報酬を上げるというのも財政状態からできないというものの単純に削る一方では、いまでも赤字に簡単になってしまうのですから医療レベルを維持できなくなるおそれがあります。

 

« 日本の医療制度は崩壊する?! | トップページ | 柳沢厚労相の元の発言とマスコミ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12995/13831975

この記事へのトラックバック一覧です: 医療費が高騰しているか:

« 日本の医療制度は崩壊する?! | トップページ | 柳沢厚労相の元の発言とマスコミ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31