« はあちゅうとさきっちょ | トップページ | F1、アメリカGP 前代未聞のレース »

2005.06.09

原油とF1

数日前にNHKのニュースで燃料電池車について放送していました。軽自動車や単車もいまや燃料電池で走るそうです。今まで問題になっていた、燃料の重量や体積の問題をクリアしてどんどん小型化されていっています。軽自動車の場合は圧縮した水素。単車は、エタノールをつかっておりました。使用後に水が生成される環境に優しい車です。

最近は原油高が騒がれています。ガソリン価格も上がる一方です。そうした不安定な燃料源からはなれていくために日本は、ハイブリッド車などにどんどん移行していくのではないかと勝手に考えています。水素ガスの供給や安全、車のコストが解決すれば、燃料電池車もふえていくんだろう。

このさき、何年かけてそのようになっていくかは不明ですが、ガソリン車の最高峰の一つF1の世界ではガソリンの量を巡って、主催者のFIAと参加チームのBARホンダがもめておりました。そんなこんなで争っている間に、ガソリン車がなくなってしまうかもしれません。

« はあちゅうとさきっちょ | トップページ | F1、アメリカGP 前代未聞のレース »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12995/4483761

この記事へのトラックバック一覧です: 原油とF1:

« はあちゅうとさきっちょ | トップページ | F1、アメリカGP 前代未聞のレース »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31