« 原油とF1 | トップページ | F1 アメリカGPについて »

2005.06.20

F1、アメリカGP 前代未聞のレース

私はF1をしばしば見ているのですが、今回のような事態は興ざめです。たまたま家での観戦にして救われた人もいるでしょうけど、現地に観戦しにいった人は最悪でしょうね。F1のチケットは高額ですし、遠距離なこともあるでしょう。

ことの発端は、14台の車が使用しているミシュランタイヤがレースを走りきれないようなものであったこと。先のライコネンのタイヤ破損事故などもあり、タイヤについてはぴりぴりしているところだったので、チームがわはボイコットに近い形でレースをやめるしかなかったのでしょう。合同リリースによると、「シケイン設置」も提案されたみたいですが、これもFIAに拒否されたようです。

朝に一応オープニングラップまでは見ることにいつもしているのですが、見た瞬間がっくりですね。それで今回の事態を知りました。

ただし、レースとしては成立しているしルール内の行動ですので、罰則等はいかがなものかとは思います。チャンピオンシップポイントも取れてないわけですし。

« 原油とF1 | トップページ | F1 アメリカGPについて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12995/4630949

この記事へのトラックバック一覧です: F1、アメリカGP 前代未聞のレース:

» F1史上2番目に最悪なレース。 [カンジのあなた!]
オイラにとっての最悪はセナの事故死ですが… 昨日(今朝)のF1は最悪!でした。   良い、悪いはともかくミシュランの姿勢はある程度評価に値すると思います。 番組中のコメントにもありましたが、あの巨大なUSAというマーケットを考えても、なお自分たちにとって不... [続きを読む]

» やっぱり6台だけのアメリカGP [ひとりの独り言]
心配していたことが実際に起きてしまったアメリカGP。 ミシュランユーザーの7チームが棄権。ブリジストンユーザーの3チーム6台だけのレースに。 スターティンググリッドから、フォーメンションラップに入ったとたんに、7チームがピットイン。 ミシュランユーザーチームが棄権。レースとしては成立。観客からは大ブーイング。ペットボトルは投げ込まれるは、帰り出す始末。入場料を返せの張り紙。 世界的にも、視聴率は悪か�... [続きを読む]

« 原油とF1 | トップページ | F1 アメリカGPについて »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31