« JR西日本の衝突事故 | トップページ | 電動アシスト自転車 »

2005.05.04

JR西日本の姿勢

JR西日本は、衝突事故にて素早い対応をしたかのように見えたが、会見内容が二転三転したことにより、さらに次々に叩かれる結果になってしまっている。

情報が錯綜している間にまず事故の原因は自動車との衝突だったとし、警察に報告。これについては、マンション住人の警察による調査が入り、マンション住人の不審をあおった。
つづいて、置き石説を公表した。これも国土交通省の航空・鉄道事故調査委員会によって、脱線時に巻き上げたバラストを踏みつぶしたものとされ、情報が錯綜しているときに責任逃れをしようとしたと受け取られる事態となる。

さらに車掌がオーバーランの距離を短く報告し、それは運転手との口裏合わせだったことは、既報の通り。さらに40mと訂正されたオーバーラン距離も60mと思われる乗客の報告が相次いでいる。遅れを縮めようとした速度違反も、「遅延絶対悪」という企業風土懲罰的な指導がおこなわれる教育が遠因とかんがえられる。

また、併走する阪急電鉄宝塚線との競争のため、列車は高速化しダイヤは過密になるが、安全設備が更新されず、利益優先とたたかれてしまう。設備については、カーブ区間での速度超過時にブレーキがかかる新型ATSが導入されておらず、カーブ前の直線区間に最高速度まで加速した列車が減速しきらなかったのとその時点での急ブレーキが大きな原因と現時点では推定されている。また、この新型ATSについて導入前にでも運行再開をすると明言したJR西日本に対し、国土交通大臣が苦言を呈し、一日にして新型ATS導入後(2005年6月ごろ)の運行再開をすると発表し直した。このように常にトップからは安全軽視、利益優先の姿勢がにじみ出ていた。

追記(5月5日):新型ATSは今回の事故の抑止には不十分であるとのブログを見つけました。写真も分かりやすいものがついています。素人が騒ぐよりも、内容は濃いですねm(_ _)m

これらのJRの対応が被害者の心情を逆撫でしたことは間違いない。この手の情報に関しては枚挙にいとまがないので、列記していきます。

安置所の体育館での慰霊祭提案に遺族怒る→被害者の死体を安置していた体育館で慰霊祭を開くとJR西日本が提案し、遺族の反発を受ける。

列車が衝突したマンション住民に対する対応についても以下のような報道がなされている。

JR西日本がマンション住人に対し、温泉旅行をすすめたとのこと。ゴールデンウイーク(GW)中の避難先の確保が難しくなったJR西日本の提案らしいですが、そんなときに温泉旅行なんかに行ってられませんし、みんながみんなゴールデンウイークだからといって休みではないのですよ。
JR西日本は2日までに、仮住まい用の賃貸住宅を用意しており、自ら賃貸住宅に移り住む住民にも家賃として最大15万円を支払う方針と転換、現在は、マンションの買い取りも検討しているとのことです。

現時点でマスコミが取り上げたJR西日本の行動についても列記します。

脱線快速乗車のJR西日本運転士2人 救助活動せず出勤。これなどは前述の管理体制から言えば、遅刻することの方がより懲罰的な扱いを受けるからと、想像してしまう。追加された情報では、それぞれの所属電車区の当直係長が、ともに2人から事故直後に連絡を受けながら、救助などを指示していなかったとされている。

JR西日本、事故当日ボーリング大会。ボーリング大会は午後0時半から約2時間、大阪市内のボーリング場で行われており、インターネットなどでは11時頃にすでに現地の惨状が画像で入っているだろうから、やはり参加した天王寺車掌区の区長の判断が甘かったともいえる。しかし、巨大な企業で全社的に同じ体制に入れるかといえば、上層部の指示が必要だろうし、前述のような記者会見をしているトップではなかなか難しかったのであろう。

JR西日本 職員に“かん口令用紙” これも解釈のしかたでだいぶんとイメージが変わるだろうが、各職員に対し事故についての情報を聞かれたなら、相談窓口の連絡先を書いた用紙を渡して社員には喋るなと指示を出したとされる。もちろん、末端の社員が口々に好きなことを喋られても困るので、一般的な対応とも思えますが、最低限のおわびや対応についても指示すべきでしょう。

企業体質や危機管理という点で、悪い見本として参考にしながら、我がふりを直すことも心がけなければいけませんね。

« JR西日本の衝突事故 | トップページ | 電動アシスト自転車 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12995/3983216

この記事へのトラックバック一覧です: JR西日本の姿勢:

« JR西日本の衝突事故 | トップページ | 電動アシスト自転車 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31