« 台風またも通過 | トップページ | イチローの大記録 »

コピーコントロールCDの衰弱

エイベックスが全CDにコピーコントロールCD(CCCD)を採用せず、弾力運用することに決めました。また、ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)も、レーベルゲートCDの全廃を決めたようです。結局の所、CDプレーヤでの運用ができないことや、iPodへの取込ができない、すなわち売り上げの減少という弊害の方が大きくなってしまったということなのでしょう。

やはり消費者を馬鹿にしたシステムというのは長生きできないものですよね。

|

« 台風またも通過 | トップページ | イチローの大記録 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コピーコントロールCDの衰弱:

» -謹告-サイト大改修による全記事URL変更のお知らせ [The Depressionist's Blog]
(要約)サイト記事へのリンクがちぐはぐになり、サポセンから記事の削除と再アップしかないといわれたため、すべての記事のURLが変更になり、その関係で、打たせていた... [続きを読む]

受信: 2004.10.17 18:11

» CCCD-購入するファン、リスナーも同罪。不買をすべきだ。 [The Depressionist's Blog]
いまだにCCCDをはびこらせる音楽業界も問題だが、私はファンやリスナーにも重大な責任があると考える。 CCCDを購入するということは、CCCDを消極的理由であれ... [続きを読む]

受信: 2004.10.21 22:05

« 台風またも通過 | トップページ | イチローの大記録 »