« 多汗症 | トップページ | 医者に対する謝礼金の記事 »

コピーコントロールCD

さて、先日コピーコントロールCD(CCCD)というものをレンタルしてきました。パソコンでコピーできないように、ふつうのCDとは異なり異常なデーターを埋め込んで読めないようにする細工をしたディスクのことです。あえてディスクというのはふつうのCDの規格には乗っ取っておらず、ふつうのCDプレイヤーでは再生を保証しない、ということです。

こんなものを売る方も売る方ですが、いちおうCDと名を付けているからレンタルショップで借りて試してみました。まず、ふつうに一応は再生できましたが音は悪く、またCDプレイヤーから異音が聞こえます。あきらかにCCCDはプレイヤーの寿命を短くするでしょう。また、そこから通常のダビングを試みましたが、正常に終了しているように見えてMDの中身は無音でした。個人利用のコピーもできないみたいですね。

もし購入した場合、こういった通常に再生できない事態に陥っても、CDを販売している会社は返品には応じないようです。こういった消費者を馬鹿にしたようなCDを販売していると、真の音楽ファンは音が悪いと言うことで購入しなくなりますます売り上げが下がるのではないか。また逆にCCCDのプロテクトはけっこう従前からコピーしているヒトには破られているみたいなので、不正なデーター流通の抑止効果は全くないのではないかと感じます。

ましてや、CDプレイヤーにも悪影響を及ぼすとあっては、私はCCCDは絶対に買わないです。

|

« 多汗症 | トップページ | 医者に対する謝礼金の記事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コピーコントロールCD:

» コピーコントロールCDの衰弱 [「かずほ。」の日々のつぶやき]
エイベックスが全CDにコピーコントロールCD(CCCD)を採用せず、弾力運用する [続きを読む]

受信: 2004.10.01 16:32

« 多汗症 | トップページ | 医者に対する謝礼金の記事 »